父の日の由来

父の日は、父に感謝を表す日とされています。
6月の第3日曜日がその日にあたります。

それでは、その由来にはどういった経緯があったのでしょうか?

1910年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、
彼女を男手一つで自分をそだててくれた父を覚えて、
教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に
父の日礼拝をしてもらったことが切っ掛けと言われています。
当時すでに母の日が始まっていたため、
彼女は父の日もあるべきだと考え、
「母の日のように父に感謝する日を」と
牧師協会へ嘆願して始まりました。

ドット夫人が幼い頃、南北戦争がはじまりました。
父であるスマートが召集され、ドット夫人を含む
子供6人を母親が育てることになりますが、
母親は過労が元でスマートの復員後まもなく亡くなりました。
以来男手一つで育てましたが、
スマートも子供達が皆成人した後、亡くなりました。

1916年アメリカ合衆国第28代大統領
ウッドロー・ウィルソンの時に『父の日』が
認知されるようになります。
1972年(昭和47年)になり、アメリカでは
国民の祝日に制定されます。
日本では1950年代ごろから知られるようになりましたが、
母の日に比べるとまだまだ、
一般的な行事とは言えません。


母の日の花がカーネーションなのに対し、
父の日の花はバラとされています。
これは、ドット婦人が、父の日に父親の墓前に白いバラを
供えたからとされています。

父の日の贈り物

父の日の贈り物は何が一番いい?
父の日に何をあげればいいんだろう?


普段、何気なく接しているのに、
お父さんの欲しい物って何なのかわからないですよね。

せっかくなんだからガッカリするような物を贈りたくない。

そう考えるのも当然です。


でも、心配する必要はありません。

実は何を贈っても、お父さんはとても喜んでくれるんです。


「え、本当?」と思いましたか?

では、お聞きしますが、
今までに父の日や誕生日にプレゼントを渡した時に、
お父さんは嫌そうな顔をしましたか?

そんなことないですよね。

満面の笑みで「ありがとう」と言ってもらえたり、
少し照れ笑いを浮かべながら、「悪いな」と
気遣ってもらったと思います。


そうです。
実はお父さんは何をあげても、
あなたがプレゼントを渡してくれたという、
その気持ちが嬉しく、とても喜んでくれるんです。

だから、プレゼントはお父さんが普段気に入っているもの、
趣味でやっているものを贈ってあげれば、
思い出に残る素晴らしい父の日になります。

ネクタイ

ネクタイは父の日の定番プレゼントの一つです。
毎日変えるものであり、お父さんが毎朝ネクタイを取り出して
身に着けるたびに、あなたがプレゼントしてくれたこと、
父の日の出来事を思い出してくれるので、
一生記憶に残るプレゼントとなります。。


しかし、間違ったネクタイを選んでしまうと、
お父さんは喜んで受け取ってくれますが、
一回くらい身に着けた後、タンスの隅に追いやられ、
二度と身に着けてもらえないということになってしまいます。



なぜ、そうなってしまうのか?

実は、ネクタイを選ぶポイントは、
その人に合っているネクタイ・・よりも、
その人が持っているスーツに合ったネクタイ、
使用してほしい状況に合ったネクタイを
選ぶことが大切です。

スーツとワイシャツ、ネクタイのコラボレーションは
その人の第一印象を決める最も重要な部分です。

仮にお父さんに似合うだろうと
オシャレなネクタイを選んでプレゼントしても、
お父さんが持っているスーツに合わなかったら、
使いたくなくなるのは当然ですよね?


そこで、どんなネクタイを選べば良いか分からないときは、
お父さんが気に入ってよく着ているスーツの
色を調べて、センスの良い友達やお店の店員さんに、
「○○色のスーツにはどのようなネクタイが似合うか」というのを、
聞いてみるのが良いかもしれません。
さらに、どんな状況で使ってもらいたいかなどを考えると
最高でしょう。

辛子明太子

父の日のプレゼントに辛子明太子はいかがでしょうか。


「辛子明太子?」とお思いになられたかもしれませんが、
辛子明太子にはコクとうまさがあり、酒のつまみとしても、
ご飯のおかずとしてもおいしくいただいてもらえます。

明太子の原料である鱈子(たらこ)には、
ビタミンB1、B2、C、Eといった
豊富なビタミンが含まれています。

さらに、辛子明太子は唐辛子に漬けて熟成させるため、
唐辛子に含まれる
カプサイシンが豊富に含まれています。
カプサイシンとは、唐辛子の辛味の正体であり、
中枢神経を刺激し、アドレナリンという
ホルモンを分泌させ、血液量を増加させます。
エネルギー代謝が活発になるため、脂肪が分解され、
肥満解消や血液中の脂肪量を減少させます。
唐辛子をよく食べるタイ、ベトナム、
インドの人は脂肪率が少ないという報告もあります。

(ただし、一度に食べ過ぎると胃の粘膜を荒したり
気管支に炎症を起こすこともあるので、注意が必要です。)

お酒関係

日本酒、焼酎、ウイスキーなどの
お酒をプレゼントしようと思っている方は、
お父さんがどのお酒を好んで飲んでいるかに
注意してください。
お酒は嗜好品ですので、好き嫌いがあります。
せっかくプレゼントしたのに、
「いやあ・・、この酒はにおいがあって飲めないよ。」
なんてことになったら、ガッカリです。

どういうタイプのお酒が好みなのか
確認されてから選ぶのがベストなので、
ネットショップ、百貨店、実店舗に
「○○というお酒が大好きな人に、
とてもお勧めできるお酒はありますか?」

と声をかければ、すぐに上等のお酒を推薦してくれます。

ちなみに最近では、父の日限定でお酒のラベルに
お父さんの名前を書いてくれたり、
メッセージを添えてくれる酒屋もあるので、
お父さんを驚かせるのにはとっても良いでしょう。

最後に、もしあなたがお酒を飲むことができるなら、
プレゼントしたお酒でぜひ一緒に
晩酌を行ってください

一緒にお酒の酌み交わすことが、
お父さんにとっての最大のプレゼントになります。

牛ヒレ肉とパイナップルのステーキ

材料 4人分

牛ヒレステーキ用 4枚
ベーコン 2枚
パイナップル 輪切り4枚
バター 20g
白ワイン 大さじ3
塩・こしょう 少々


作り方

1.牛ヒレ肉の回りにベーコンを巻いてようじでとめ、
塩・こしょうをふる。

2.バターの1/2量をとかし、
半分に切ったパイナップルを焼き、
取り出してバターを足して1のステーキを
好みの焼き加減にして仕上げに白ワインをふる。

3.ステーキとパイナップルを盛りつける。

ロシア風ハンバーグ

材料 4人分

食パン 1枚
牛乳 50cc
玉ねぎ 1/2コ
バター 小さじ1杯
牛肉【挽肉】 300g
湯 大さじ1杯
マギー 化学調味料無添加コンソメ 1&1/2本
生パン粉 1/2カップ
サラダ油 大さじ3杯


作り方

1. 食パンは耳をはずし、細かくちぎって、
牛乳をふりかける。
玉ねぎはみじん切りにして、
バターで炒める。

2. 牛挽肉に1.を加え、湯に溶かした
マギー 無添加コンソメで調味して
よく混ぜ合わせ、4等分し、成型して、
パン粉をまぶす。

3. フライパンにサラダ油を熱して、
中まで火が通るように両面を色よく焼きあげる。

貝柱、イカ、トマトのガーリック炒め

材料 2人分

グリーンアスパラガス 3本
プチトマト 1パック
ホタテ(貝柱) 6個
ロールイカ(冷凍) 2/3杯(約150g)
にんにく 2片
たかの爪 少々
オリーブ油 50cc
塩・こしょう 各少々


作り方

1.にんにくはみじん切り、たかの爪は輪切りにしておく。

2.イカは縦横に切り目を入れ、
適当な大きさに切っておく。
グリーンアスパラガスは茹がいて
拍子木切りにする。

3.フライパンにオリーブ油を入れ、
1.のにんにくとたかの爪を加えてから火をつけ、
香りを移す。

4.泡が立ってきたら、プチトマト、
2.のイカ、グリーンアスパラガス、ホタテの順に炒める。

5.塩・こしょうで調味して器に盛る。

たらのムニエルうにソース

材料 2人分

たら 2切れ
塩・こしょう 各少々
小麦粉 適宜
バター 10g
バター 20g
うに(ビン詰) 大さじ1
生クリーム 大さじ2
うに(生) 大さじ2
青ねぎ 適宜


作り方

1.たらは両面に軽く塩・こしょうし、小麦粉をつける。

2.フライパンにバターを溶かし、
1のたらをまず皮を下にして入れ、両面を色よく焼く。

3.鍋にバターを煮溶かしてビン詰うに、
生クリームを入れてよく混ぜ合わせながら温める。

4.皿に2のたらを盛り、
生うにを載せて3のソースをかける。

5.小口切りにした青ねぎを散らす。

たらのホワイトソースグラタン

材料 2人分

生たら 2切れ
バター 大匙1
●じゃがいも 1個
●玉ねぎ 2分の1個
塩・コショウ 適量
とろけるチーズ 適量
【ホワイトソース】
小麦粉 大匙2
バター 大匙1
玉ねぎ 小4分の1個
牛乳 200cc


作り方

1.生たらは塩を振って10分ほど置いておく。
出てきた水気はよく拭き取り、3〜4等分にする。
(生たらはしっかり塩を振り、よく水気を拭き取ること。
そうしないと出来上がりが水っぽくなります。)

2.じゃがいもは4〜5ミリの
薄切りにして水にさらす。
玉ねぎ(ホワイトソース用も)も薄切りにする。

3.2で切った●のじゃがいもと玉ねぎは
ラップしてレンジ500Wに3分かけて
塩・胡椒しておく。

4.たらはバターを熱したフライパンで
両面をきつね色になるまで焼いておく。

5.【ホワイトソース】を作る。
弱火で温めた鍋にバターを入れる。
バターが溶けかかったら
玉ねぎを加えて炒める。

6.玉ねぎが透き通ってきたら
小麦粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒める。
(焦げ付かないように混ぜ続ける)

7.4に牛乳を一気に加えて
ダマにならないように手早く混ぜ、
強めの中火にかける。
煮立つ直前に塩・胡椒・ローリエを加える。

8.煮立ったら弱火にして混ぜながら
5分ほど煮て鍋底に線がひけるぐらいトロっと
してきたらホワイトソースは完成。

9.グラタン皿に3のじゃがいもと玉ねぎを敷き、
1のたらを乗せる。
その上にホワイトソースをかけて
とろけるチーズを乗せる。

10.8を200度で15分ほど焼いて
チーズに軽く焦げ目がついたら完成。
.
.
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。